オイル交換及び点検 料金表
1年点検

 

 

 

 

1年点検料金表

 

 

 

●1年点検

交換部品が発生した場合は部品代や交換部品によっては工賃が別途必要になります(税込)

 

1年点検  50~125cc  126~250cc  251~400cc  400cc以上
シングル/ツイン 4950円 11000円 13200円 14300円
スクーター 3850円 13200円 16500円 17600円
3、4気筒(ネイキッド)   13200円 13200円 15400円
2、4気筒(カウル付き)   15400円 15400円 19800円
ハーレー スポーツスター       16500円

 

1年点検主要点検個所(基本的な内容は法令点検の内容に準じています)

・プラグ点検(点検不要な車種は省く場合があります)

・エアエレメント点検

・ブレーキオイル点検

・ブレーキパットもしくはブレーキシュー点検

・オイル漏れ、ガソリン漏れ、ブレーキオイル漏れ点検

・バッテリー電圧、充電電圧点検

・フロントフォーク&リアショック作動及び漏れ点検

・ホイールの振れ及びベアリング点検

・ハンドルステムのガタ及びベアリング点検

・CO/HC点検

・車体各部増し締め点検

・車体各部グリスアップ

 

点検内容詳細

各電装部品点検

・過去の異常の履歴や現時点での異常がないかパソコンにつないで点検していきます

 

・最近のバイクにはいろんなセンサーが使われています。センサー類が正常に動いているかどうかのチェックを定期的にしてください

 

各電装部品点検

・スロットルボディやインジェクター、各センサー類などテスターにつないで数値や作動など異常がないか点検します

 

・パソコンにつなげば全てのセンサー類を一気に点検できます

バッテリー及び充電系統点検

・現状のバッテリー電圧や充電電圧など、バッテリーだけではなく充電系統も点検していきます

 

・バッテリーは平均的に4、5年で交換時期となります。年数の経過したバイクは要注意です

排気ガス点検(CO及びHC)

・現時点のCOとHC濃度を計測して、キャブレーターの状態やFIモデルの場合はスロットルボディの状態を点検します

 

・年数の経過したキャブレーターモデルはCO濃度が狂っている場合が多くこの点検がかなり重要です。

スパークプラグ点検

スパークプラグが消耗していないかどうか、火花の状態がどうかを点検していきます

 

・プラグは走行距離により消耗しますので、10000kmに1度交換がひつようです

・キャブレーターモデルに関してはプラグがくすぶってないかの点検が大事です

エンジン点検

・オイル漏れがないかどうか、エンジン音が問題ないかの点検をしていきます

 

・エンジンは走行距離と年数で傷んでいくのですが、Oリングやゴム類の部品は年数で傷んでいき、ピストンやベアリング、バルブなどは距離により傷んでいきます

ブレーキオイル点検

・ブレーキオイルの劣化具合を点検します

 

・ブレーキオイルは湿気を吸う性質です。何年も交換せずに走行しますと、内部に錆が発生したり、気泡が発生しやすくなります。

・ブレーキオイルはメーカー指定の2年ごとに交換してください

足回り点検

・ショックの作動状態の点検とオイル漏れがないか点検します

 

・ブレーキの引きずりや作動に問題が無いか点検します

 

・ホイールのベアリングやハンドルのステムベアリングの状態を点検します